ビジネス英語でグローバルなお仕事~ビシっとビジネス~

様々な基準に

オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカを含めた世界130ヶ国9000以上にも及ぶ大学や機関で認められているテストがTOEFLです。このTOEFLというのは「Test Of English as a Foreign Language」の頭文字を取った名称であり、英語運用能力テストといったように呼ばれています。その為、TOEFLテストで高い結果を残すという事は、高い英語運用能力を持っているという事の証明にもなるのです。英会話能力の高さや低さというのは、判断する事が非常に難しいですが、このTOEFLテストのスコアを利用する事で、英語運用能力の高さを数値化する事が出来るため、自分の英語運用能力の高さを見える化する事が出来ます。それ故に、少しでも高いTOEFLスコアを獲得するためのTOEFL対策というのが様々な英会話学習の現場で行われているのです。TOEFLテストのスコアというのは、就職の際にも非常に有利に働くため、現在では多くの人が高いスコアを残すために、TOEFLテストを受験しているのです。英語能力をはかるテストというのはTOEFL以外にもTOEICや英検というのが存在しますが、それらの試験よりもTOEFLは難易度の高い試験であるため、このTOEFLでの高いスコアというのは他のテストよりも優位になれるのです。しかし、TOEICはビジネス向けといったような要素が強かったり、TOEFLは学術要素が強いといった事もあるため、それぞれのシーンに合わせることも重要です。

そうした事からもこのTOEFLテストの信頼性の高さをうかがい知る事が出来るのです。こうしたTOEFLテストのスコアというのは英国での滞在ビザを申請する為に必要な英語能力証明にも利用されてきましたが、別の英語能力テストの実施会場で不正が発覚したため、ビザ申請の英語能力証明として利用する事が出来なくなってしまったのです。しかし、それ以外の英国の教育機関への入学申請の際にTOEFLスコアを利用するという事は従来どおりできます。海外への進出の際にはこうした英語能力証明というのが必要になる事も多いため、英会話教室等では現在も盛んにTOEFL対策講座等が行われているのです。そうした対策講座では効率的にTOEFLテストのスコアを上げる為の対策というのが立てられているため、そうした講座というのはスコアアップには必要不可欠な物となっているのです。