企業の人材育成にも役立つ〜動画面接の活用方法〜

映像が残せる動画面接なら、応募者をじっくり選考できる!

動画面接専門のシステムとは?

動画面接が行えるシステムを導入すれば、企業側も応募者側もID等の個人情報を開示することなく面接が行なえます。スマートフォンでも利用できるので、パソコンを所有していない応募者でも安心して面接に臨んでもらえます。情報共有機能などが搭載されたシステムも存在するので、自社にとって必要な機能が備わったシステムを導入しましょう。

動画面接サービスの優れた機能4選

男の人

録画機能

動画面接システムの中には、面接の様子を録画して記録として残せる機能を備えたものもあります。録画機能を使用する際にはシステム利用料が発生することがあるので、事前に確認しておきましょう。一定期間保存できますが、その後は自動的に削除されるので、長く残しておきたい場合には録画映像を別の媒体に保存しておく必要があります。

情報共有機能

面接の情報を、そのまま社内で共有できる機能です。面接を行った日付や応募者の情報、面接の内容などを改めて文章にまとめる必要がないので、面接官から選考委員への報告なども簡潔に行なえます。業務効率化を目指している企業は、情報共有機能が備わったシステムを選ぶといいでしょう。

スケジュール機能

応募者へは、システムを介して面接日を通知することができます。いくつか面接日を用意して、応募者自身に都合の良い日を選択してもらうといったアンケート方式のスケジュール機能もあるので、応募者との連絡方法が決まっていないという企業はスケジュール機能を利用しましょう。

メッセージ機能

応募者との連絡手段といえば電話が一般的ですが、動画面接システムを導入していればシステムを介して連絡を取り合うことができます。応募者にメールアドレスなどの個人情報を聞く必要がないので、メールアドレスを教えたくないという応募者や、メールアカウントを所有していない応募者とも文章での連絡が可能です。

企業の人材育成にも役立つ〜動画面接の活用方法〜

面接

動画面接は映像記録が残せる

動画面接のメリットは、面接の様子を録画して残しておけるという点です。通常の面接だと、複数の応募者話すうちに誰がどのような内容を話していたのか忘れてしまうこともあります。せっかく自社への入社を希望してくれた応募者ですから、しっかりと内容を見直して優良な人材を採用しましょう。動画面接システムを利用すれば、録画も手軽に行なえます。

ウーマン

動画を録画する際の注意点

応募者の中には、録画を嫌がる人もいます。後々問題とならないように、動画の様子を録画する際には必ず応募者に許可を取りましょう。また、動画面接はインターネット回線を利用するため、状況によっては音声や映像が乱れたり、時には回線が切れてしまうこともあります。そのため、面接がスムーズに行えなかった場合の対処方法も考えておく必要があります。

男の人

録画記録の活用方法

録画した面接の動画は、後々ゆっくりと見返して採用する人材を選考するのに役立ちます。また、自社内で面接官を育てたい場合にも、面接の様子を振り返って改善点を見つけるなど人材育成に役立てることもできます。通常の面接より得られる情報が少ない動画面接は、質問の内容をよく考えなければならないので、面接官の育成には絶好のチャンスともいえるでしょう。

面接

無料版でお試しができる!

動画面接システムの中には、無料で利用できるものもあります。試験的に動画面接システムの導入を考えている企業は、まずは無料版を試してみましょう。無料版では使用できる機能や容量に制限がありますが、導入を止めても費用はかからないので企業が損をすることはありません。導入で失敗したくないという企業は、まずは無料版で自社にあったシステムを探してみましょう。

広告募集中