時間も費用も節約できる!企業にも応募者にもお得な動画面接

動画面接とは?

履歴書が紙媒体からデジタルに移行されている現代、面接もインターネットを利用した方法が普及しつつあります。動画面接は、インターネット上で映像と音声を繋げることで、遠隔地にいる応募者の面接を行うという新しい人材登用方式です。

面接と面談の違いとそれぞれの特徴

応募者を選別する・面接

応募者を採用するか否かの判断基準の一環として行われるのが、面接です。企業側から応募者に対して質問することが多く、応募者が自社に相応しい人物かどうかを見極めたり、応募者にどのようなスキルがあるのかを確認するという目的が大きいです。

内定者との相性を確認する・面談

配属面談や内定面談など、採用が確定した応募者に対して行われることが多いのが面談です。応募者の希望や目標を聞くなど、面接よりは穏やかなムードで行われることが多いといえるでしょう。面接とは異なり、企業側よりも応募者側から質問することが多いというのも面談の特徴です。

優秀な人材を広く募集できる〜動画面接を採用しよう〜

男の人

動画面接を行う方法

動画面接は、大幅に時間を取る必要も場所を確保する必要もないため、企業にとってもメリットが大きいです。そんな動画面接をする際には、必ず募集要項に面接方法を記載しておきましょう。動画面接は普及しつつありますが、まだこの方法を採用している会社は少ないものです。後々インターネット環境を有していない応募者が困らないように、あらかじめ面接方法を周知しておきましょう。応募者が集ったら、各々の面接希望日を確認して動画面接を行います。

男女

動画面接で必要となるもの

パソコンやインターネット環境の他にも、こちらの様子を映し出せるカメラが必要となります。モニターにカメラがついている場合もありますが、そうでなければ外付けのカメラを用意する必要があります。また、きれいに集音できなければマイクも必要となるので、面接を行う前に機器の動作を確認しておきましょう。

男性

知って欲しい注意点がある

動画面接でも、テレビ電話のようにリアルタイムで会話できる方法と、ビデオメッセージのように応募者のPR画像を受け取って審査する方法の二種類があります。会話方式であれば応募者の受け答え方を見て審査することができますが、ビデオメッセージ方式の場合は。会話を行うことができません。営業職のようにコミュニケーション能力が必要となる職業の場合、応募者の素質を見抜くことが難しくなるので注意しましょう。

面接

動画面接が向いている職種

動画面接では、対面式の面接と違って自然な会話が行えません。そのため、コミュニケーションを必要としない職業の審査に向いているといえます。例えば、技術職や内職など。コミュニケーション能力がなくとも採用できる仕事の面接に向いているといえるでしょう。自社で募集している業務の内容を観て、動画面接を行う否かを判断しましょう。

[PR]
スケジュールの共有で効率化UP
個々のスケジュールを把握して業務効率を良くしよう。

[PR]
フィンテックのことを知りたいならココ★
まずはセミナーに行こう!

動画面接のメリット4選

PC

採用までの時間を短縮できる

面接の場所や時間を確保できずに、応募者を待たせている間に他の企業への就職が決まってしまうということも少なくありません。どんな応募者も少しでも早く結果を知りたがっているので、優秀な人材を逃したくないという企業は動画面接を導入しましょう。場所や時間を制限されない動画面接であれば、即日面接を行いその日のうちに採用するということも可能です。

応募者の負担を軽減できる

対面式の面接の場合は、地方から面接を受けに来る応募者の大半が、新幹線や飛行機を利用したりホテル予約を行って面接に臨んでいます。学生にとって交通費や宿泊費は決して安いものではありません。特に複数社の面接を受ける場合は、大きな出費が必要となります。応募者の負担を軽減すれば、地方からの面接希望者が増えるでしょう。

広く応募者を募ることができる

対面式の面接の場合は、足がなければ面接を受けることはできません。しかし、場所を選ばない動画面接であれば、国内の地方都市だけでなく海外からも応募者を募ることができます。応募範囲を広げることで応募者も大幅に増えるので、人材不足に悩んでいる企業は動画面接を導入して応募者数増加を目指しましょう。

自分の業務に専念できる

対面式の場合、連日面接を行うと面接官は自分の普段の業務が行えなくなってしまいます。動画面接を導入すれば、応募者だけでなく面接官も時間の自由が効くようになるので、自分の業務にも専念できるでしょう。スケジュール機能のある動画面接システムを導入すれば面接日も自動的に設定されるので、より効率的に業務を行えます。

顔を合わせることが大切

応募者がどのような人物かを見極める際に、履歴書だけでは伝わらないこともあります。言葉をかわすことで初めて応募者の魅力に気づくこともあるので、対面式の面接が難しいという企業は面接そのものを諦めるのではなく、動画を利用しましょう。

動画面接に関する疑問にお答えします!

女性

動画面接を行うには何が必要となりますか?

動画面接を行うには、ネットワーク環境が必要となります。また、パソコンなどの機器も必要となるので用意しておきましょう。専用のアカウントなどは用意しなくとも、動画面接専用のシステムを導入すれば手軽に動画面接が行なえます。

費用はどのくらいかかりますか?

通信費用の他に、システムを利用するのならシステム利用料が必要となります。無料で利用できるものもありますが、機能や容量は限られているので、自社に必要な機能が揃っているか確認してから導入しましょう。有料システムの場合は、使用頻度や機能によって料金は異なりますが、1分あたり10円等時間で料金が発生することが多いです。

スマートフォンでも利用できますか?

動画面接システムを導入すれば、スマートフォンに対応できる場合があります。スマートフォンでの面接も可能になれば応募者も増えるので、システムを選ぶ際にはタブレット端末にも対応できる物を選んでおくといいでしょう。

応募者とはどのように面接の日取りを決めればいいのでしょうか?

事前に希望日を電話やメールで聞いておいてもいいですが、動画面接システムのメッセージ機能を利用すれば、個人情報を聞かなくとも応募者と連絡を取り合うことができます。個人情報の取扱は難しいので、極力システムのメッセージ機能を活用しましょう。

ネットワーク環境のない応募者は面接できませんか?

パソコンはなくともスマートフォンを所有していない応募者は少ないものです。スマートフォンに対応できる動画面接システムを採用しておけば、殆どの応募者の面接が行えるでしょう。ネットワーク環境がない応募者の面接に関しては直接面接を行い、ネットワーク環境のある応募者のみ動画面接を行うなど、面接方法を使い分けるという手もあります。

[PR]
動画面接を会社に導入しよう
メリット・デメリットを知っておこう

[PR]
メールより効率的なビジネスシステム!
メリットを確認しよう

広告募集中